【トルコ編③】カッパドキア絶景熱気球体験

カッパドキアは巨大奇岩群がその一番の見所で、ギョレメの街全体が岩で構成されているのを眺めると圧巻の一言ですが

そんなカッパドキアで絶対にやってほしいのが「熱気球体験」です。

熱気球でゆっくり空を遊覧しながら、巨大奇岩群と無数の熱気球が飛ぶ様を鑑賞できるのは世界でここだけ、唯一無二です。

(なお、高所恐怖症の人は展望台や宿の屋上から眺めるのでも十分堪能できると思います。)

記事の最後にtipsっぽいのまとめたので、忙しい人はそちらだけでも。



 

気球ツアーのスケジュール、料金

ツアー会社にもよりますが、今回✈︎Leemanが参加したものと大差はないと思います。

4:00 ホテルロビー集合、出発

4:20 熱気球乗り場到着、コーヒーブレイク

4:45 熱気球出発

5:45 熱気球着陸

5:50 シャンパンパーティー

6:15 ホテル着

ホテルから出て帰ってくるまで大体2時間くらいのツアーですね。戻ってきてから普通にホテルで朝ごはん食べられます。

料金はちょっと高めでしたが170ユーロ/人くらいです。大体150ユーロくらいのところが多いかな?と思います。

後述しますが、安すぎるところはやめたほうがいいです。

 

今回✈︎Leemanが使ったのは、宿泊したホテルCarus Cappadociaが提携しているBrothers Balloon Companyってところでした。本当は口コミがよかったRoyal Balloon Companyを利用したかったんですが、約1ヶ月前にも関わらず既に空きがなかったです。早めの予約が吉ですね。

 

熱気球ツアーの内容

まず、朝に熱気球乗り場に行くと簡単な軽食とお菓子が用意されています。コーヒー、紅茶、クッキー、パンくらい。

 

到着した時点では気球はぺしゃんこでしたが、中に人が入ったりして空気を入れながら徐々に膨らませていきます。

 

 

こんな感じで気球に温かい空気を入れてむくむく・・・。

 

 

15分ほどであっという間に乗船可能な状態に。

 

 

全員乗船が完了すると、一気に上空300mほどへ。ギョレメのあちらこちらから次々に熱気球が上がってきます。

 

 

 

 

 

上から見てて、あちこちでポツポツ灯る熱気球の明かりがすごく綺麗でした。

 

一気に上空に行った後はゆっくり下降して巨岩群すれすれを低空飛行していきます。

 

最後はカッパドキアの巨岩群と熱気球が一望できる位置でゆっくり下降して終了です。超絶景。

 

降りるときはこんな感じで、トラックの荷台みたいな所に直接着陸します。

これはたまたま隣で着陸してた中国人の御一行様。着地で拍手があがってました。

 

 

着陸後は無事なフライトを祝って(?)シャンパンファイトが始まります。

シャンパン振り回して普通に服にぶっかけてくるので気をつけてください笑

 

熱気球ツアーに参加するにあたって注意することは?

ツアー会社の選ぶときの考え方とか、乗る時の注意点とか色々まとめてみました。

気温について

✈︎Leemanがカッパドキアに行ったのは6月中旬の晴れの日でしたが、朝方は結構冷えました。

ちょっと厚手のパーカーでちょうどいいくらいです。上空にいる間は風が吹きさらしになるので、風が強い日は寒くて死にそうになると思います笑 くれぐれもお気をつけてください。

 

熱気球のカゴの乗る位置について

熱気球のカゴにはドアがついておらず、カゴの側面に空いている穴に足をかけて適当な順番で乗っていきます。

カゴの中は立ちっぱなしなので、当然ながら指定席みたいなのはありません。

がなんとなく推測できると思いますが、四隅がやっぱり一番眺めがいいです。

なので、カゴに乗るときは最後の方に乗って、端っこのスペースを確保するのが良いと思います。

一度乗ってしまうと移動するスペースはないので、位置を変わってもらうこととかはほどんどできないと思ったほうがいいです。

 

ツアー会社の選び方

個人的に注意して見たほうがいいと思うのが①出発時間②安全性です。

 

①出発時間

ツアー会社によっては朝の5:00にホテル入り口に集合っていうところもありますが、5:30くらいにはマジックアワーになり、6時前には日の出を見ることを考えると、遅くても4:00過ぎに集合するツアーが良いと思います。ホテルを5:00に出発っていうツアーだと、熱気球に乗る頃にはもう日の出が終わってます。

✈︎Leemanはその辺を注意して見ていた甲斐があり、熱気球に乗っている間にマジックアワーから朝日までしっかり拝むことができましたが、✈︎Leemanが乗っている熱気球が着陸するタイミングでこれから出発っていう熱気球もあったので、マジックアワーや朝日にこだわりがある方は十分注意してご確認されるのが良いと思います。

 

②安全性

トルコの熱気球ツアーですが、実は過去に墜落事故を起こしてます。2017年には大手の会社が何社か連続で事故を起こし、2名死亡してます。

まぁそれは空を飛ぶ以上は稀に起きることなので甘んじて受け入れるしかないんですが・・・

ネットの口コミを見ていると「公になっていない小さな事故」を起こしていると思われるツアー会社が結構あります。トリップアドバイザーやブログを調べてると結構そういう口コミ出てきます。

可能な限り事故の確率を下げるために大事なことは2つあって、

まず「ネットの口コミをしっかり読む」、もう一つは「値段が異常に安くないか確認する」です。

実際に料金が安い会社のバルーンに乗ってないので完全に知ったかではありますが、世の中の原理として「安さには理由がある」ですから、それだけメンテナンスや人件費などが削られていると考えるのが妥当ですよね。せっかくの旅行で怖い思いをしたり怪我するのは勿体無いので、十分お気をつけてください。

 

ツアーが中止されるケースについて

✈︎Leemanは予定通りなんの問題もなく乗れてしまったので知りませんでしたが、

カッパドキアの熱気球ツアーは天気の影響で中止になりやすい。

というのは必ず覚えておいてください。

実際✈︎Leemanはカッパドキアに3泊4日しましたが、まともに熱気球が飛んでいたのは初日のみで、その他の日は飛んでいても風で遠くへあっという間に流されてしまったり、そもそも全ツアー中止だったりしてました。雨も降ってなくて快晴だったんですけどね。上空の風の状況次第で判断はDay-to-Dayなので、運次第です。

なので、「せっかくカッパドキアに行ったのに熱気球に乗れなかった」なんてことにならないよう、できるだけ早い日にちで予約しておいて、予備日を設けておくのが吉だと思います。

 

 

次回はギョレメハイキングについて書こうと思います。

 

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます☺️
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑応援よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です