【まだ間に合う!】2019-2020年末年始カウントダウン花火が特等席かつ無料で観られる国

ドバイ、台北、ベルリン、ニューヨーク、ロンドン、シドニー・・・

と最近は世界各地でカウントダウン花火が定番になってますよね。

 

とはいえ、カウントダウンの花火って写真で見るとすんごい素敵なんですけど、実際行くとなるとものすごく悩むんですよね。だって、場所によってはオムツを装備必須なんですもの。

 

大規模なカウントダウンイベントをやっているほとんどの都市では、時間ごとにエリアを区切りって出入りを禁止します。特にニューヨークだと、タイムズスクエアで年越ししようもんなら当日の朝から長時間待機しなければならないそうです。もちろん昼くらいからトイレ利用不可になることも。

1月のニューヨークは最高気温4℃、最低気温−3℃くらいらしく、そんな中でトイレに行かず12時間以上待機するのはもはや修行。✈︎Leeman的にはお金もらえるとしてもいくかどうか微妙です笑

 

旅行シーズン到来!オプショナルツアーのご予約は「VELTRA(ベルトラ)」へ!

 

ヨーロッパの穴場カウントダウンスポット

さて、そんな✈︎Leemanも実は1回だけカウントダウンイベント(観光名所で花火)に行ったことがあります。

その時の条件は

・日本から直行便でいけるヨーロッパの国

・開催場所は首都の中心地

・超至近距離で歴史的建造物を背景に花火が観られる

・23時に到着したけどベスポジ確保

・ホットワインやスナックなどを販売する屋台あり(しかもほとんど並んでない)

・エリア入場制限なし

・いつでもトイレ行ける

・そんなに混んでない

・帰りも普通に歩いて帰れるくらい治安がいい

・大体のホテルが徒歩圏内

・気温−5℃

どうでしょう。ちょっと寒いけど、かなりの好条件じゃないですか?

 

 

 

記事のサムネイル観てわかった方はさすがです。正解はこちら↓
(実際に✈︎Leemanが撮影した動画)

 

 

 

 

 

 

動画観ない人用に画像も貼っておきます。

 

 

正解は✈︎Leemanの妻の母国、フィンランドはヘルシンキでした🇫🇮

 

カウントダウン花火はヘルシンキの中心地にある元老院広場で毎年行われています。
2019−2020の詳細については公式HPを参照。例年通り開催される見込みです。

 

ちなみに、元老院広場はヘルシンキのど真ん中にあります。

 

日中はこんな感じ。この広場になってるところで自由に花火観られます。

 

もちろん、他の大都市の花火に比べたら規模は小さく時間も長くはないので見劣りするかもしれませんが、

こんなに至近距離で好条件で観られるところもないので超おすすめです。

 

 

 

2019年末のフィンランド行き航空券で安いのってまだあるの?

あるわけねーだろ!!!

 

年末年始の航空券は半年以上前に予約しないと安いのは無理っす・・・。

 

が、ギリギリ許容範囲かな〜っていうのなら今探したらありました。こんな感じ↓

 

 

行きは羽田発、帰りは成田着、上海浦東空港からフィンランドまではフィンエアーというまあまあな条件。

これで金額は約16万円くらいでした。やっぱちょっと高いね。

ちなみにフィンランドはフィンエアーのセールの時で最安値8万円くらいで往復航空券買えたりします。
もちろんローシーズン価格だけど。年末年始だし16万円くらいはするのはしょうがないでしょう。

フィンランドは妻の母国だから大好きだというのもありますが笑、

買い物はマリメッコにイッタラ
宿は洒落たブティックホテル
北へ行けばサンタクロースに会ってオーロラ鑑賞や犬ぞり
暇になったらカジノ

とやること盛りだくさんで冬でもかなり楽しめます。ご興味あればぜひ。

ちなみに、フィンランドでは年末年始は1月1日だけはスーパー以外ほぼ全ての店がクローズしてますが、2日からは大体通常営業してます。年末年始はセールもやってるので買い物天国です

 

今度時間があったらヘルシンキのおすすめホテル書いてみます。

 

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます☺️
 にほんブログ村 旅行ブログへ
↑応援よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です