【ヨルダン編⑤】アンマンの大衆食堂で大ボリュームのヨルダン飯を食す

前回書いたセクハラですが、結局✈︎Leeman夫妻は1度しか被害に遭いませんでした。

前回記事
https://traveleeman.com/jordan-4/

 

✈︎Leemanは基本的にはアンマンでは大通りしか歩きませんでしたが、それでも街を歩いている間は何人かに尾けられたりしました。とはいえ、ひったくりとかそういう感じではなく、なんとかして触ってやろうっていう雰囲気。

人通りが多いアンマンの街のど真ん中でもそんなことが起こるので、女性一人で行く人は特に注意してください。当たり前のことですが、人気のないところには絶対に行かないように。

 

今回は引き続きアンマンの街を観光です。

ヨルダン、エジプト、ドバイ周遊ルート

 

4/25(木)10:50成田発→バンコク経由→19:50ドバイ着

4/26(金)7:05ドバイ発→9:15アンマン着

        2:10バンコク発→5:30ドーハ着

     8:25ドーハ発→11:25アンマン着→死海観光

4/27(土)死海観光→アンマン観光

4/28(日)アンマン⇄ペトラ観光

4/29(月)7:05アンマン発→8:00カイロ着→ギザ観光

4/30(火)カイロ観光

5/1(水)9:30カイロ発→15:00ドバイ着

5/2(木)ドバイ観光

5/3(金)ドバイ・アブダビ観光

5/4(土)20:55ドバイ発→バンコク経由

5/5(日)15:45成田着

 

※飛行機は

成田⇄ドバイの往復がタイ航空(往路TG641TG517復路TG518TG676

ドバイ→アンマン→カイロがロイヤルヨルダン航空(RJ613RJ601

カイロ→ドバイがエジプト航空(MS912

 

 

アンマン市街地でおすすめのレストラン

メニューもなければ店員も全然案内してくれないけど、観光客や地元の人に人気のお店がここ

レストランの名前はHashem、場所はフセインモスクのすぐ近くです。

 

 

ここの店でのお作法は

①席に着く

②人数と飲み物を聞かれる

③人数分の料理が出てくる

④レジに行って会計

こんな感じです笑

超ローカルっぽい雰囲気の店で、店員さんの愛想も全然良くないし、立ってても全然案内してくれないし、座ってもあんまりちゃんと説明してくれないし、メニューもない。

 

でも、出てくる料理は超大ボリュームで美味しくて大満足!

メニューはこんな感じ。

・サラダ(切っただけ)
・山盛りポテト
・超粗切りピクルス
・フムス
・フムス
・大量のファラフェル
・特大で分厚いナンみたいなやつ

 

豪快笑 そして量は多すぎますが、個人的にはファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)とフムスがすごく気に入りました。特にファラフェル美味いです。

これ二人で5JD(約800円)くらいだったかな。結構割安だと思います。

写真の通りですが、もしこの店に行くのであれば朝兼昼兼夜ご飯のつもりで挑んでください笑

 

 

 

 

アンマンの市街地の観光でおすすめのスポットは?

アンマン市内は歩いて全部まわれるほどコンパクトではないですが、結構見るものたくさんあります。

とはいえ全部行くのも大変なので、✈︎Leemanが「ここは行ってよかった」と感じたところを以下列挙します。

 

アンマン要塞(ジャバル・エル・カラ)

英語の名前はAmman Citadelと言い、要塞らしくアンマン市街地の丘の上に位置します。

 

 

入場料は3JD(約500円)です。

街中のアクセスしやすい場所にあるように見えますが、つづら折りの坂道を登らないとたどり着けないのでタクシーで行くのがおすすめです。

 

 

要塞の敷地内にはヘラクレス神殿というパルテノン神殿ぽい感じの神殿がありますが、こちらは2世紀ごろローマ帝国の手によって建てられたと言われているもので、紀元前の古代ギリシア時代に建てられたパルテノン神殿とはちょっと毛並みが異なります。

 

ここをおすすめする理由は何といってもこの眺め。

丘の上からは遺跡と街が一望できます。

 

ちなみに遺跡には柵などは何もないので、こんな感じで触ったり登ったりするのも自由と思われます。

実際、地元の子供達もここで鬼ごっこみたいなことして遊んでました笑

 

 

フセイン広場とその周辺のマーケット

ヨルダンの街の中心はここ「フセインモスクです。

キリスト教が鉦の音で知らせるように、イスラム教では「アザーン」と呼ばれる礼拝(サラート)への呼び掛ける音があります。

素人耳にはおじさんが不安定な音程で歌っているようにしか聞こえないんですが、これがフセインモスクのミナレット(両端の塔)のスピーカーから1日5回爆音で流れます笑 

結構ボリューム大きい上に深夜も早朝も音楽が流れるので、ぐっすり寝たい人はモスクから少し離れたところにあるホテルにした方がいいかもです。

 

話は逸れましたが、このモスクの周辺はお土産屋を中心としたショッピング街になってるので、このあたりで買い物を済ませておくといいと思います。

 

✈︎Leemanは中東っぽいボウルを2つ買いました。
他の国でも同じようなのを見かけたのでありきたりなお土産ですが、柄がすごく気に入っているのと、大きさがとてもちょうどよくて、今でもカレーにパスタに大活躍してます。確か一つ1000円弱くらいで買いました。ちょっと高かったかな。

 

 

次回はいよいよ、やっと!ペトラに向かいます!!!

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます☺️
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑応援よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です