【ヨルダン編②】アンマンの空港から死海のリゾートホテルへの行き方とホテルの選び方

前回は、バンコクで飛行機乗り継ぎミスったけどタイ航空の神対応でスーパーリカバリーして、

カタール航空でヨルダンの首都アンマンへ行くことになったところまででした。

(※空港から死海までのタクシーの乗り方だけ見たい人はこちらホテルの選び方はこちら

 

今回は以下青塗り部分の行程についてです。

ヨルダン、エジプト、ドバイ周遊ルート

 

4/25(木)10:50成田発→バンコク経由→19:50ドバイ着

4/26(金)7:05ドバイ発→9:15アンマン着

     2:10バンコク発→5:30ドーハ着

     8:25ドーハ発→11:25アンマン着→死海観光

4/27(土)死海観光→アンマン観光

4/28(日)アンマン⇄ペトラ観光

4/29(月)7:05アンマン発→8:00カイロ着→ギザ観光

4/30(火)カイロ観光

5/1(水)9:30カイロ発→15:00ドバイ着

5/2(木)ドバイ観光

5/3(金)ドバイ・アブダビ観光

5/4(土)20:55ドバイ発→バンコク経由

5/5(日)15:45成田着

 

飛行機は

成田⇄ドバイの往復がタイ航空(往路TG641TG517復路TG518TG676

ドバイアンマンカイロがロイヤルヨルダン航空(RJ613RJ601

カイロドバイがエジプト航空(MS912



 

 

 

フライト遅延により手配されたバンコクスワナンプーム空港のエアポートホテル「Miracle Transit Hotel」でした。一旦出国する必要はなく、国際線の搭乗ゲートの近くにあっていいホテルでした。

 

翌日2:10のフライトで、ゲートまでは歩いて15分。深夜0:00くらいに起きればいいよな〜と思ってぐっすり寝ていたら、11時過ぎに電話かかってきて

 

「もうチェックアウトの時間とっくに過ぎてるよ!さっさと出てっておくれ!」

 

と怒られてしまいました。。。チェックイン時には説明されてませんでしたが、どうやら11時にチェックアウトだったみたいです。。。微笑みの国とは。

 

振替便は無事に出発してドーハのハマド国際空港へ。

この空港は2014年にできたばかりで超綺麗なのと、ターミナルが1つしかないので乗り継ぎ超楽なので大好きな空港です。中央に鎮座するのがこの黄色いクマ。

カタール空港は新しい機体が多いので、席も広めでメディアも最新なものが多い。画面大きくて綺麗なのいいよね。

 

 

 

そして当初の予定から2時間10分遅れでなんとかヨルダン🇯🇴到着!

 

空港から死海までどうやって行けばいいの?



 

ヨルダンの首都アンマンにあるクイーンアリア国際空港から死海へは、タクシーかバスで行くことができます。

が、バスの場合は直行便がなく、3度ほど乗り換えしないとたどり着けないので、お金で時間を買いたい✈︎Leeman的にはタクシー一択です。

(バックパッカーの強者はヒッチハイクで行ったりしてますが。)

 

まず、空港から出てすぐ「Taxi?」と話しかけられますが、全て無視してタクシー乗り場に向かいましょう。

 

タクシー乗り場にはなんとなんと、料金表があります笑

外国にしては珍しく、超明瞭会計。

 

1ディナール≒150円で計算すると、主な観光地等への料金は以下の通り

・アンマン市内21.50ディナール(約3,200円)

・死海34ディナール(約5,100円)

・ワディムサ・ペトラ76ディナール(約11,400円)

・アカバ111ディナール(約16,650円)

ちょっと高いかな?と思うかもしれませんが、空港から死海のホテルまで70kmくらいあるので、これなら全然適正価格だと思います。ペトラに至っては空港から200km以上あります笑

Uberも使えますが、料金はほとんど変わりませんでした。

 

タクシーはこんな感じで、クリーム色の車体に「airport taxi」と書いてあるので念のためチェックしておきましょう。

 

タクシー乗り場にいるおじさんに行き先を告げると、紙にレシート的なものを書いてくれます。タクシーの料金は後払いですが、この紙があればとりあえずは安心ですね。

ヨルダンの公用語はアラビア語なので文字の読み方は←で、Priceのところに鏡文字で34と書いてあります。これが空港から死海までの34ディナールってことですね。

 

ネットの情報だと、空港からのタクシーでぼったくられたとか高額料金請求されたみたいな話もありますが、オフィシャルのタクシー乗り場を利用すれば明瞭会計で問題なく利用できるはずです。

 

 

死海でおすすめのリゾートホテル



 

ヨルダンでリゾート?と言われてもあまりピンと来ないかもしれませんが、

実はヨルダンの死海エリアは大手高級ホテルが林立するリゾートエリアなんです。

死海を挟んで西側がイスラエル側、東側がヨルダン側となっていて、どちらもリゾート地になってます。

 

✈︎Leemanが当初予約してたのはKempinski Hotel ishtar dead seaでしたが、

予約後にホテルから

「その日ウェディングパーティあるからめっちゃズンズン音鳴るけどいい?」

ってメールが来たので、急遽変更してDead sea Mariott resort&spa にしました笑 ちゃんと教えてくれたケンピンスキーえらい!

ケンピンスキーホテルの方がプールが大きくてインフィニティー感あったのでそっちがいいかなーと思ったんですが、マリオットも大きいプール3つくらいあってすごく良かったです。

 

 

死海でのホテルの選び方で絶対に外してはいけないこと、それは

「死海のビーチに面したホテルを選ぶこと」です!

死海でやるのは塩分濃度が高い海にぷかぷか浮いたり、体に泥を塗りたくったりって感じのことですが、軽くシャワーで流すくらいじゃ全然塩っけ落ちないので、すぐホテルの部屋のシャワー浴びたくなると思います。可能であればビーチ沿いのホテルがおすすめで、中でも上記2つのホテルが良いと思います。

死海についての詳細は以下記事にて

【ヨルダン編③】リゾートホテルで死海を満喫。死海って何で浮くの?

 

 

次回は死海でぷかぷか浮かびます。

 

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます☺️
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑応援よろしくお願いします

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です