【ヨルダン編⑦】君なんか写真と違わない?オンボロJETTバスで行くペトラ遺跡

前回記事で書いた通り、✈︎LeemanはJETTバスでペトラ遺跡へ行きました。

前回記事

【ヨルダン編⑥】往復10時間・入場料8000円かけてアンマンからペトラ遺跡へ

 

 

アンマンでのJETTバスの乗り場

JETTバスの乗り場はアンマンの中心街から少し離れたところにあります。

ペトラ行きのバスは

6:30アンマン発→10:30ペトラ着

と朝早いので、個人的にはこの近くのホテルを確保するのがおすすめです。

周辺はビジネス街で治安も良く、大きなショッピングセンターもあります。

 

ちなみに✈︎Leemanはここに宿泊しました。JETTバス乗り場まで徒歩7、8分くらいです。

 

 

 

JETTバス乗り場での当日の手続き

JETTバスのオフィスは小さいですが、ちゃんと看板も出てるのでGoogle Map見て行けばすぐわかります。

まず、予約している場合当日受付に並ぶ必要はありません。

✈︎Leemanが行った時は、ネット予約の紙を持っている人たちがたくさん並んでいたので

「えっ、ひょっとしてConfirmationしないといけないの?」と思って念のため並びましたが、

受付のお姉さんに「なんで並んだの?手続きなんもないわよ」ってウンザリした顔で言われました笑

 

 

他方、予約していない場合は当然並ぶことになるわけですが、

1日1便しかない上に、平日でもほぼ予約で埋まってるので、絶対に事前に予約した方がいいです。

✈︎Leemanが並んでいた時に予約してない人が当日のチケットを購入しに来てましたが

「空席は無いわよ。もしキャンセル出たら呼ぶけど、明日も明後日も予約で埋まってて空席はないから。」

って言われてました。その後多分乗れてなかった。

 

ちなみに、JETTバスのアンマン⇄ペトラは1日1便っていう設定ですが

実際は予約が多ければ複数台のバスを出すようです。✈︎Leemanが乗った時は2台体制でした。

 

 

君なんか写真と違わない?

さて、JETTバスですが、片道4.5時間ってこともあって、乗り心地を心配してました。

ネットで予約時に見たのはこんな感じの写真。

 

 

3列シート!革張り!!各席にテレビ付き!!!

 

こんないいバスなら喜んでって感じで楽しみにしてました。

 

そして当日来たバスがこちら

 

 

おいおい・・・まじかよ・・・

 

実際に来たバスは、

4列シート、埃っぽい座席、リクライニング無し、シートピッチ激狭

このバスがきたタイミングでアカバ行きの大きいバスも来てたので、そっちの方が長距離で最新型のバスだったのかもしれません。でも、それにしてもこのビジュアル詐欺感はひどい・・・。

実際乗り心地も、エンジン音はすごいはスピードは出ないわで結構大変。

一番前の座席を予約してたのでまだマシでしたが、座席が本当に狭いので身長高いお兄ちゃんたちはみんな窮屈そうにしてました。

 

アンマンからペトラの道中ではサービスエリアでトイレ休憩が1回

アンマンとペトラとの中間地点で一度、サービスエリアでのトイレ休憩があります。30分近く休憩取るので、結構余裕あり。

小さな休憩所ですが、お土産がたくさん売っており、スナック菓子や飲み物を買う売店もあります。

 

ヨルダンは国土の80%が砂漠なので、アンマンからペトラへ行く道は、ずーーーーっと荒野です。国道沿いには街もほぼ無いです。

 

途中、ヤギの放牧している人が道路を横断しているところに遭遇しました。

これだけたくさん連れていると大変そう。ヤギかわいい。

 

次回はペトラ遺跡に入ります。

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます☺️
 にほんブログ村 旅行ブログへ
↑応援よろしくお願いします

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です