【海外旅行Tips】世界一周旅行(半周+半周)準備編

世界一周したい!!!!!!(うるさい)

 

というのは働きながらずーっと思ってたことではあったんだけど

いざ実際にそれを実現する機会があった時にどうやって旅程組み立てればいいのか結構困ったので、

✈︎Leemanが実際に旅程を作った過程を振り返って、備忘録的にざっくりとアウトラインを書いていきます。

 



 

 

世界一周の旅行を計画する際にやるべきことは、大きく以下の3つと思います。

 

 

 

では順番に見ていきましょう。

 

 

1.行きたい場所リストを作って優先順位をつける

時間無制限で行ける人にはあまり関係ない話かもしれませんが笑

世界一周と一口に言っても人によって事情は様々で

僕みたいに、転職して次の仕事が始まるまでの数ヶ月の猶予期間で行くような人は、時間の制約によって旅行できる国数が限られます。いざ世界一周ってなると、「どうせ通るから行ってみよう」とか「近くに行くから寄ってみよう」とか考えてしまいがちですが、一つの国に4日間滞在+移動日1日って考えると、1ヶ月あっても6ヶ国しかいけません。

夢のない話かもしれませんが、時間に制約がある人は行きたい場所のリストを作って優先順位をつけた方がいいです。

優先順位のつけ方としては、

 

  • 絶対に行きたい場所
  • できれば行きたい場所
  • 行けたら行く場所

 

ってな感じで、三段階くらいに分けておけばいいんじゃないかなと思います。

 

ちなみに、✈︎Leemanの世界一周(前半)のリストは以下の通りでした。

【絶対に行きたい場所】

  • サマルカンド🇺🇿
  • カッパドキア🇹🇷
  • ドゥブロヴニク🇭🇷
  • プリトヴィッツェ🇭🇷
  • ヴァレッタ🇲🇹
  • インターラーケン🇨🇭

 

【できれば行きたい場所】

  • ジョージア🇬🇪
  • リスボン🇵🇹
  • アゾレス諸島🇵🇹

 

【行けたら行く場所】

  • キエフ🇺🇦
  • ベオグラード🇷🇸
  • サルデーニャ島🇮🇹
  • チュニス🇹🇳
  • ソフィア🇧🇬

 

2.季節や月齢を考える

次に考えるべきはこれです。意外と忘れがち。

街を見るにしろ絶景を見るにしろ、季節超大事。

あと、テカポ湖とかウユニ塩湖とかアタカマ砂漠とかイエローナイフとか、星空とかオーロラを観に行くなら月齢超大事。

せっかく行くなら、ベストシーズン(かそれに近い)時期に行った方がいいです。

夏のヨーロッパはカラッとしてて空が青くて最高だけど、逆に冬は9時ごろ明るくなって3時には暗くなり始めて天気もだいたい良くない、みたいな場所多いので。。。

また、せっかく晴れてても満月でオーロラはおろか星すらあまり見えない、ということもあります。特に、空気が綺麗な場所は月明かりが眩しく感じることすらありますから、注意が必要です。

なので、星空やオーロラのような夜暗いコンディションが必要な場合は、Leemanはいつも以下のサイトを見て月齢を確認してます。

※ちなみに、調べて見ると月齢だけ表示されますが、月齢は「新月の時を零として計算した日数。満月はほぼ月齢十五に当たる。」とされています。

 

 

.飛行機のスケジュールと金額を調べる

最後に調べるのは移動手段。

ヨーロッパのシェンゲン協定内とか、アジアの近場とかだったら当然のように航路が確保されてることが多いので、行き当たりばったりでもなんとかなるかもしれませんが、特に移動距離が長い南米ではしっかりフライトスケジュールは把握しておいた方がいいかも知れません。

どこの都市からどんな飛行機が飛んでいるのか、昔は各都市の空港のHPを閲覧して悪戦苦闘してた記憶ですが、

今は飛行機のスケジュールを直感的に表示してくれるFlightConnectionっていう超優秀なwebサイトがあります。

FlightConnectionでは、地図上に配置された空港のマークをクリックするだけで、

クリックした空港発のフライトの行き先を地図上で一目で視認することができます。

 

例えば地図上のHND(羽田空港)をクリックすると・・・

こんな感じでどこの都市にフライトがあるか、一目瞭然。

さらに、続けて行きたい空港(今回はトルクメニスタンのアシュガバード)を続けてクリックすると・・・

 

東京からアシュガバードまでは水曜日のみ飛行機が運行しているってことがすぐわかりますね。

✈︎Leeman的にはこのサイトのUIが大好きで、暇さえあればこれ見て次の旅行のルート考えたりしてます笑

上記画像の「check price」を押せば、そのままSkyscannerのページに飛べるので、金額もすぐ確認できます。

ね、超便利じゃないですか?Skyscannerはみんな知ってるけど、Flightconnectionsは意外と知られていないような気がします。

 

 

 

参考:Leemanの旅程(世界一周前半の半周)

と、色々書きましたが、そんなこんなで最終的にLeemanが敢行した旅程はこんな感じです。

ルートとしては、

韓国🇰🇷→ウズベキスタン🇺🇿→トルコ🇹🇷→ボスニアヘルツェゴビナ🇧🇦

→クロアチア🇭🇷→モンテネグロ🇲🇪→スロベニア🇸🇮→イタリア🇮🇹→バチカン🇻🇦

→マルタ🇲🇹→スイス🇨🇭→リヒテンシュタイン🇱🇮→ポルトガル🇵🇹→フィンランド🇫🇮

って感じでした。上記の「絶対に行きたい場所」はなんとか全部おさえた感じです、が、もっと行きたかったなあ・・・。

 

次回以降はこの半周ルートについて順次振り返って行きたいと思います。

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます☺️
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑応援よろしくお願いします

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です